<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブルース・オールマイティー<2003>

d0088211_23232366.jpgジムキャリー演じるローカルテレビ局のお調子者キャスターが夢破れ、神様に悪態をついたところ「じゃあお前がやってみろ」と言われ、神様の代行を務めることになるというコメディ。

欲にかられてやりたい放題のあげくに大問題を引き起こし、最終的に本当に大切なものは何かに気づくというストーリーで、軽~いノリで観られる作品でした。
神様をモーガンフリーマン、彼女をジェニファーアニストンが演じています。
ジェニファーはドラマ「フレンズ」もみた事が無いし、「ブラピのもと嫁」という印象しかなく初めて映画で観ました。

親戚のつてのおかげで「映画館で行われる業界向けの試写会」で観たので、作品の内容よりそのことの方が印象に残っています(笑)。入り口で丁重に迎えられ、シネコンの最もいいスクリーンに案内され、パンフレットが配られ、優雅なひとときでした。
一瞬のセレブ気分を味わえましたね~…
[PR]

by hobomovie | 2008-01-25 23:26 | 外国映画 | Comments(0)

アイアムレジェンド<2007>

d0088211_21152783.jpg
アイ・アム・レジェンド | ウーマンエキサイトシネマ
予告編では「何故彼はたった1人地球に残されたのか!?」というSF感動作品・悲しい系なのかなぁという印象を受けつつ、いざ観てみてびっくり!

恐ろしいウィルスの蔓延で人類は滅亡寸前。
ウィルスミス演じるロバートが、大都会ニューヨークでシェパード犬のサムとふたりきりで暮らして3年がたとうとしている。
こんな状態からストーリーが始まり、「何故こうなってしまったのか」ということよりも「これからどうするのか」がストーリーのメインとなっています。
ロバートはAM放送を使って生存者に呼びかけたり、研究者として実験体とする動物を捕獲したりと忙しく行動しながらも、日没には必ずシェルター化した自宅へ戻り、サムとともに息を凝らして夜を過ごします。
暗くなると現れるものとは…?

予想に反し、決して感動作品ではなく…(T_T)
ワタシはもう全編ギェーッッ!!ヒーッッ!!の繰り返しでぐったり疲れましたが、見ごたえは非常にあったと思います。
特に、廃墟と化したニューヨークは一見の価値あり。

原作は「地球最後の男」という名作SF小説で、映画化はこれが3度目。
それぞれ原作のテーマを残しつつ、各時代を印象付けるものになっているようです。今回の作品は、ニューヨークが舞台ということもあって「9.11」を思わせる部分もあるなぁと感じました。(ロバートは何度か「グラウンド・ゼロ」という言葉を口にしています。)
ま、それも全て観終わってからのことで、観ている間はそんな余裕は全然ございませんでしたよ…
[PR]

by hobomovie | 2008-01-19 21:16 | 外国映画 | Comments(0)

チャーリーとチョコレート工場<2005>

d0088211_15173248.jpg
昨日、金曜ロードショーで地上波初登場しておりましたね。
吹き替えの人がなかなか良かったです。

ロアルドダール原作の児童文学を、監督・ティムバートン&主演・ジョニーデップのゴールデンコンビで映画化した作品。
貧しい家庭で育った少年チャーリーバケットが、ひみつのチョコレート工場を見学できるチケットを手に入れたことから始まる物語です。
工場主はウィリー・ウォンカという変わり者で、以前スパイに遭った経験から外部の人間をことごとく排除しているにも関わらず、毎日おいしいチョコレートが世界中にむけて出荷されているという、まさにひみつのチョコレート工場。

チャーリーと一緒に見学に訪れた子供たちはなかなかの困ったさん揃いのため、見学の途中で大人の言うことをきかず、みんなかなりヒドイめにあいます。
いい子には素敵なご褒美が、悪い子にはとんでもないおしおきがあるよ!という普遍的なテーマを一応描いているように見せかけつつも、決しておこちゃまむけに甘~く作らないのは、さすがティムバートンです。さぞかし楽しんで作ったんだろうなぁ。
ジョニーデップも楽しんで演じていたに違いなく、キモチ悪さ全開フルパワーでかなり笑えました。やはり彼はすごいですね。

この作品は原作と違う部分がいろいろあって、バケット家の貧しさっぷりは原作の方がほんとにシャレにならない状態で、その分チャーリーにより感情移入できました。
工場の描写はやはり音と映像の強みで、完全に映画の勝ち!ですが、文章で読んでひみつのチョコレート工場を想像するのも楽しいかも。

同じ監督主演コンビの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」も是非観に行きたい!
[PR]

by hobomovie | 2008-01-12 15:19 | 外国映画 | Comments(0)

インディ・ジョーンズのDVDBOXをゲ~ット

年末年始帰省していた地元で、半額でゲットしてしまいました!
友達と偶然入ったCD屋さんで、いかにもちょっと前まで半額セールしてました、と言わんばかりのワゴンに入っていたので、ダメモトでお店の人(恐らく店長)にきいてみました。
d0088211_23184390.jpg

ワタシ:これって半額になりますか?
店 長:セールは31日までだったんですよ~(この日はすでに1月3日)
ワタシ:あーそうですか~(おおげさにしょんぼりと引き下がりかける)
店 長:(ちょっと考えて)あ、待って待って!もういいですよ、半額で!!
ワタシ:ほんとですかっ!(すかさず財布を出す)

シリーズ3作品プラス、ボーナスディスクつきのオイシイ1品です。
店長さん、あまり映画には詳しく無いとみました。
今年は「インディ4」が公開になるから、定価でもきっとそのうち売れたことでしょう。
うしし、もう返しませんよ~。

ちなみに「インディ4」のサイトは、最新情報やらグッズ情報やら、かなりテンションをあげてくれるものになっています。
http://www.indyjones.jp/
6月の公開まで、このサイトを見て盛り上がっていく所存です!
d0088211_21165746.jpg

[PR]

by hobomovie | 2008-01-08 23:19 | 日々のこと | Comments(0)

あけまして

あけましておめでとうございます!
と言いつつ、今日はもう4日。
まだまだ正月気分さめやらず、どうもすいません、お仕事の始まったミナサマ。
あと2日だけ、のんびりさせてくださいまし。

今年も、過去に観た作品をふり返りつつ、またいい映画に出会えたらいいなぁと思っています。
更新は相変わらずののんびりペースになりそうですが…

そんなまやぞーブログを、今年もよろしくお願いします。
[PR]

by hobomovie | 2008-01-04 20:12 | 日々のこと | Comments(5)