<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夕凪の街 桜の国<2007>

d0088211_20425778.jpg有言実行の夏。
7月から公開しているのでワタシが行ける(つまり車が無くても行ける)範囲の映画館では徐々に上映回数が減ってきていて、あわてて観に行きました。

同名の漫画が原作の、「ヒロシマ」をテーマにした作品。
原作は手塚治虫賞を受賞したときにすぐ手に入れ、実に感動しました。漫画を読んで泣くというのも、あまりない体験ですね…

10代で被爆し父と妹を失った女性・皆実(麻生久美子)、茨城県の親戚宅へ疎開していたために家族で唯一被爆しなかった皆実の弟・旭(伊崎充則/堺正章)、旭の娘・七波(田中麗奈)を中心に、終戦の13年後から現在までが描かれます。

原作を忠実に映像化してありつつ映画ならではの演出もあって、すみからすみまでストーリーを知っているワタシも大感動でございました。もう、鼻がつまって苦しいくらい泣いてしまいました(T_T)ちなみに場内はあちこちからすすり泣きの音が聞こえ、トイレでは化粧直しで鏡の取り合いでしたよ。

原作と映画の両方を通して最も印象に残っているのは、ほとんどの人が傷を負った体で銭湯に入っているシーンの、皆実のセリフです。

ぜんたいこの街の人は不自然だ/誰もあの事を言わない/いまだにわけが わからないのだ/わかっているのは「死ねばいい」と誰かに思われたということ/思われたのに生き延びているということ

皆実は生き残ったことに後ろめたさを感じていて、それでも生きていくことでしか「自分は生きていて良かったんだ」という思いは得られないわけで、そこに至るまでのつらさを思うとなんぼでも泣けてきます。
知識としてのみ取り入れていた事が、自分の感情のところまで届いたという気がしました。そして七波のエピソード、現代にまで通じる部分を思うと、さらに深く考えさせられます。…観て良かった。うん。
[PR]

by hobomovie | 2007-08-20 20:47 | 日本映画 | Comments(2)

西遊記<2007>

d0088211_151015100.jpg
普段のワタシならば完全にスルーして、そのうちテレビででも見ようかな?くらいの作品だったのですが、小中学生の姪っ子・甥っ子が劇場で観たいというのでお付き合いしてきました。

言わずと知れた中国の古典文学を基にした作品で、原作でも有名な金角大王・銀角大王のエピソードが描かれています。さすがもともとドラマで人気があっただけあって、周りのちびっこ達はもう香取慎吾君演ずる孫悟空に釘付けで、お約束のボケではゲラゲラうけるし、実に楽しそうでした。

ワタシは子供の頃とは言え原作も読んだことがあるし、マチャアキの西遊記もなんとなく見た記憶があるし、ドラゴンボールも知っているし(これはあんまり関係無いか)、ストーリーとしては特に新鮮味は無く、まぁ安心して観れるかなという感じ。でも映像や撮影の技術がすごくて感心したのと、やっぱりキャラクターがみんなそれぞれ良かったので満足です。
特に27時間テレビでも大活躍だった香取君はやっぱりすごい。そりゃ人気も出るよ、って感じです。同学年として頼もしいわ。

このドラマはあまり見て無かったのですが、三蔵法師ご一行様に馬は入っていないようで。確かそんなキャラがあったよな~と思って調べたら、以前は馬の玉龍を藤村「おヒョイさん」俊二が演じてました。そうそう、いたいた!
d0088211_15111728.jpg

[PR]

by hobomovie | 2007-08-12 15:12 | 日本映画 | Comments(2)

火垂るの墓<1988>

d0088211_2394881.jpg今年も8月がやってきました。

ヒロシマ・ナガサキ、終戦記念日と、太平洋戦争について考える機会が多い月です。夏=戦争というイメージが固定化されてしまうのはどうかとも思うけど、1年に1度は必ずその歴史を思い出させるきっかけがあるという意味では良い習慣かもしれません。

さて、毎年のようにテレビで放映されているこの作品。公開時は「となりのトトロ」と同時上映で、子供ながらに悲喜こもごもな体験をしました。

野坂昭如が自らの体験を元に書いた小説の映画化で、父は出征、母は空襲で命を落とし、二人きりになってしまった14歳の清太と4歳の節子が懸命に生きる姿を描いています。お兄ちゃんの頑張りと妹の素直さに、涙なくしては観れない作品ですね(T_T)パンフを見ると、昭和20年6月~9月、たった3ヵ月の出来事だったことに驚き。もっと早く戦争が終わっていれば、こんな悲しい結末にはならなかったのか…そもそも戦争が起こらなければ、お父さんは戦争へ行かず、お母さんは空襲に遭わなかったわけで、歴史に「もしも」は無いとは言え考えさせられます。

そしてこの夏気になっているのが「夕凪の街 桜の国」。原作の漫画がすごく良かったので、映画も是非観てみたい。特に終戦から10年後の広島を描いた「夕凪の街」は心うたれました。
暮らしやすいように工夫されたバラックで生活する毎日、底が減るのがもったいないから市街地を抜けたら靴を脱いで仕事から帰ること、銭湯ではみんなそれぞれ体に傷を抱えているのが当たり前で、そういう「戦後の普通の生活」を描いたものってあまり見た事が無かったような。それを映像化した作品で、今年の「戦争を考えるきっかけ」にしようと思います。
[PR]

by hobomovie | 2007-08-03 23:15 | 日本映画 | Comments(0)