<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

死ぬまでにしたい10のこと<2002>

今日は劇場で観た映画では無いのでパンフレットはナシ、番外編ってことで。

「あなたになら言える秘密のこと」の回の後日談です。ワタシの願いが通じたのか最寄のTUTAYAにDVDが3本も置いてありました。実は最近テレビデオを入手したので「よっしゃ!ビデオでも見れるで~」と勢い込んで借りに行ったんですが。せっかくなのでDVDを借りて帰りました。

ストーリーは、失業中の夫、小学生の2人の娘と暮らす23歳の女性・アンが突然余命2~3ヵ月と宣告されるところから始まります。ショックにうちひしがれつつも、深夜のコーヒーショップでノートを広げ「死ぬまでにしたいことリスト」を作る彼女。「娘たちに毎日愛していると言う」「爪とヘアスタイルを変える」「娘たちに新しいママを探す」…もう、このあたりから泣けてきてしょうがなかったです(T_T)もし劇場で観ていたら、観終わったあとはしばらく席を立てなかっただろうなぁ~…

文章で読むと単なるお涙頂戴モノのようだけど、主人公とその周辺の人物が様々な思いを抱えながら暮らす様子がリアルに淡々と描かれていて、知らない間に胸打たれている感じ。子供を持つお母さんが観たら、なおさらぐっとくるでしょうねぇ。

もし自分がそういう事態になったら、アンのようにきちんと最後をむかえられるのか?今の自分では到底無理な気がします。やはり母親になってこそ身に付く強さというものでしょうか。
そして、男性がこの映画を観てどう感じるかっていうのも、興味深いところ。なにしろリストには「夫以外の人と恋をしてみる」というのもありますので。アンは17歳で初めてできた彼氏の子供を産んでいるので、そういう項目ができたんでしょうけども…ワタシが男性だったら「女って恐ぇえなぁ」と思っちゃう気がします。そういう潔さというか、思い切りの強さというか。

「死ぬまでにしたい10のこと&あなたになら言える秘密のこと」
セットで印象深い作品たちでした。
[PR]

by hobomovie | 2007-05-27 19:29 | 外国映画 | Comments(0)

シャフト<2000>

d0088211_19373813.jpg映画音楽好きとしては「シャフトのテーマ」は一応知っているものの、「黒いジャガー」(1971)は観たことがありませーん。

これはそのリメイクで、テーマ曲もアレンジされて復活。
黒いレザーコートに身を包んだクールな黒人刑事「シャフト」が、スタンドプレーで事件を解決するというストーリー。

サミュエルLジャクソンがかっこ良かったなぁという記憶はあるものの、映画自体の印象は薄いですねぇ。
他にはミュージシャンのヴァネッサウィリアムス、「バスキア」のジェフリーライト、「バットマンビギンズ」のクリスチャンベールが出演してます。
[PR]

by hobomovie | 2007-05-24 19:37 | 外国映画 | Comments(2)

星のオルフェウス<1979>

d0088211_13191773.jpgこの時期長編アニメーション映画をたくさん製作していたサンリオ作品の第5弾。アメリカでの同時公開を前提としていたので、アメリカ人に受け入れられやすいキャラクターで、アメリカ人にもわかりやすいようにギリシャ神話が描かれてます。

今のサンリオはもちろんだけど、当時のサンリオからもかなり離れたイメージのキャラで、日本人的には「…」です。決してかわいくは、ない。
最近は宮崎駿アニメとか日本のキャラクターも海外で認められるようになってますが、約30年の遠い道のりだったんだなぁとしみじみ思います。

さて、これは姉か兄が観に行ったものと思われますが、ワタシも小さい頃からこのパンフレットを何回も見ていたもので、すっかり観たことがあるような気分になっています。実際は観たことナシ。
ストーリーのメインは、冥府の国へ恋人エウリュディケを取り戻しに行くオルフェウスの伝説ですが、それ以外のエピソードも出てくるオムニバスっぽい作品のよう。

冥府の王から「地上に着くまで決して振り返ってはならない」という条件付でエウリュディケを返してもらえるものの、階段でつまづいた彼女を気づかって思わず振り向いてしまうオルフェウス(T_T)伝説や民話のお約束よね…
他にも色んな映画で描かれてますが、せつない物語です…
[PR]

by hobomovie | 2007-05-19 13:22 | 日本映画 | Comments(0)

ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀<1986>

d0088211_20422546.jpgバックトゥザフューチャーつながりでもうひとつ。
主人公マーティの母親役を演じていたリー・トンプソン主演、ジョージルーカス製作のSFコメディです。

一時期はテレビでよく放映されていて、主人公ハワードの吹き替えを所ジョージがやってました。

ハワードは、地球ではどうみてもアヒルなんだけど、実はアヒルばっかりの星からやってきた宇宙人というお話し。
それだけならドラえもん的コメディだけど、地球が暗黒魔王とやらに狙われて、ハワードが戦うというすごい展開に。さすがルーカスフィルムです。

始めはハワードを使ってひともうけしようと企んでいたものの、最終的には仲良くなって一緒に戦っちゃうというちょっと情けない男性キャラをティムロビンスが演じています…若い!
[PR]

by hobomovie | 2007-05-13 20:44 | 外国映画 | Comments(0)

バック・トゥ・ザ・フューチャー パートⅢ<1990>

d0088211_2181513.jpgデロリアンでのタイムトラベルもこれでラスト。
Ⅰでは30年前へ、
Ⅱでは未来へ、
そしてⅢでは100年前へ!
という、もーなんでもアリな状態へ突入しております。

当時中学生のワタシは、それはもう真剣に観てました。

ⅡのエンディングからⅢのオープニングへのつながりだとか、西部開拓時代で名前をきかれた主人公マーティが「クリント・イーストウッド」と名乗ったりだとか、遊び心満点で楽しい作品ですね。
それにつきます。
d0088211_218359.jpg
なにしろテーマ曲がワクワクで(^・^)
パンフレットの裏表紙には「インテグラ」。懐かしいですねぇ~
[PR]

by hobomovie | 2007-05-07 21:11 | 外国映画 | Comments(0)