スキ! / 山田ババアに花束を<1990>

大江千里にひっじょーにハマっていた時期、友達と映画館まで観に行きました。
d0088211_2241421.jpg
2本同時上映のうち、一般的には「山田ババア」の方がメインだったと思われますが、ワタシの中では完全に「スキ!」がメインだったということで、順番もそうさせていただきました。

「スキ!」は社長令嬢との結婚を控え人生は上々なサラリーマン(大江千里)のもとに、疫病神的な女子高生(島崎和歌子)が転がり込んで来たことから事態がおかしな方へ向かいはじめ・・・という、「トレンディー」な内容でした。

大江千里の「あいたい」という曲が主題歌になっていて、いい場面でばーん!とかかり、素直に感動した記憶があります。

d0088211_22413115.jpg
「山田ババア」は当時大流行していた花井愛子原作(講談社ティーンズハートだねぇ~ナツカシ~)、モテモテ女子高生(西田ひかる)と嫌われ者の先生(山田邦子)の心と体が入れ替わってしまった!というラブコメディー。
主題歌はドリカムの「笑顔の行方」でした。これまた名曲。

パンフレットを読んでいて、当時の大江千里や山田邦子が今の自分くらいの年齢だったことに気づき、やや複雑な心境です。
[PR]

by hobomovie | 2006-12-17 22:48 | 日本映画 | Comments(0)