バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生<2016>

d0088211_104635.jpg

「ダークナイト」シリーズのバットマンは、クリストファー・ノーラン監督の世界観がドハマリしたすごくいいシリーズで大好きです。
一方「マン・オブ・スティール」のスーパーマンはというと、せっかくのザック・スナイダー監督の個性があんまいかされてないというか、割と予想通りの展開が続く作品で、ワタシ的一番のみどころはスーパーマンの地球上の両親をケビン・コスナーとダイアン・レインが演じているというところ、てなもんでした。

さて、そんなバットマンとスーパーマンが戦うという。
こっちはDCコミックスですが、ライバルのマーベルでもアベンジャーズが仲間割れして戦うという作品が同時期に公開になっていて、業界じゅうバトルロイヤルという構図がなかなか面白い今日この頃です。

バットマンとスーパーマンについてはこれといった説明もなくストーリーがどんどん進んでいきますので、今までの作品の知識はある程度あった方が良いでしょう。
特に「マン・オブ~」のラストの戦いがふつーに出てきますので、観てなかったら「はて?」となるような気がします。

ワタシはさほどアメコミに詳しくないのですが、どうやらここからジャスティス・リーグというシリーズが始まる模様ですね。
「ダークナイト」をひきずってあのダークな雰囲気とかちょっとはあるのかなぁと思ってましたが全然でしたね。バットマンは今回ベン・アフレックに引き継がれていて、この人こんなにアゴ出てたっけ、と改めて顔に釘づけになりつつ、ザ・アメコミっぽくなったなぁとしみじみ感じました。
ワンダーウーマンまで登場して、えらい盛り上がりよう。このくだりもほとんど知らなかったので、ちょっと面白かったです。おお~と拍手したくなる感じ。

しかし2人が戦ってると若干バットマンに肩入れしてしまうのはワタシがダークナイト好きのせい?バットマンが人間のせい?いやいや、スーパーマンのオレサマ感に拍車がかかっているせいですよな。
悩むと北を目指してしまうあたりは地球育ちぽさが出ていますが、非の打ちどころがないルックスとかー、ヒーローなのに恋人最優先で活動しちゃうところとかー。ちょっと共感できないんだよなぁ。
d0088211_10462792.jpg

敵役はハリウッドの二宮君とワタシが勝手に呼んでいるジェシー・アイゼンバーグで、この人こういう役やらせたらハマるよなぁ、ニノさんもやってみたらいいのに、と思いました。

バットマンの中の人・ウェイン社長の苦しみを映像化したところとか、お得意のアニメアニメした部分もあって、全体的には「マン・オブ~」よりもスナイダー監督ぽさがあって楽しめる作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2016-04-23 10:47 | 外国映画 | Comments(2)

Commented by けらお at 2016-04-24 23:51 x
″やっぱ、ルーサーはジーン・ハックマンだな…″と思ってみてましたねえ。
Commented by まやぞー at 2016-05-05 12:36 x
けらおさん、コメントありがとうございます。

まさか同一人物だったとは…!
ハリウッドのニノさんがおっさんになったらジーン・ハックマンに…!