バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)<2014>

d0088211_2212077.jpg

主演のマイケル・キートンは「バットマン」や「ビートルジュース」で人気のあった俳優でしたが、ふと気づけばスクリーンでみかけない日々が続いておりました。
そんな彼が、かつてヒーロー映画で一世を風靡したあと落ちぶれ、再起をかけてブロードウェーの舞台に挑戦するというストーリーの映画に主演と。
これほどの自虐ネタがあろうか。
彼こそが、一世一代の勝負に出たという感じがします。

マイケル・キートン演じるリーガンは、かつて「バードマン」というヒーローもので人気を得たという設定なのですが、世代的にどうしてもこっちのバードマンがまず出てきたり、
d0088211_21502055.jpg

SMAPの曲を口ずさんでしまったりして、実際観終わったあとは脳内ヘビーローテーションだったりしたのでした。観る前から邪念が多うございます。

リーガンの心の中には常にバードマンが存在していて、映像ではリーガンのそばに現れてあれこれ言ってきたりします。これこそ映画の醍醐味という演出ですが、観客にもリーガンの心象風景が見えてきて、「ブラックスワン」のように主人公がどんどん追い込まれていく感じで、それはそれはつらいもんでした。
途中でブロードウェーの辛口評論家に言われていたように、同じショービズでも映画と舞台は全く別もので、求められる力も違うわけです。
なぜリーガンがあえて舞台に、しかも少人数で演じるストーリーものに挑戦しようとしたのかは語られないのですが、脚本・演出・主演を兼ねていることもあってプレッシャーはハンパなく彼を襲います。

そんなダークな物語が、まったくカットがかからないひとつづきの映像のように進んでいき、まったく目が離せない展開でした。
ほとんどが劇場の舞台と舞台裏なのでドアを開けるシーンがたくさんあるのですが、そのたびに時間が進んでいたり別の場所になっていたりしているのです。これまた、映画ならではだなぁと面白かった。

結局のところ、壮大な皮肉がテーマとなっている作品だったのかなぁと思います。マイケル・キートンが主演なこととか、ヒーローもので成功したことの代償とか、映画で失敗した人が舞台でやりなおそうとすることを映画で撮ることとか。
音楽はほとんどがドラムソロでこれまた画期的だったんですが、それも過剰な演出やハデハデな映画音楽へのアンチテーゼだったりとか?深読みしすぎかもしれませんが、とにかくかっこいい音楽でしたなぁ。
うーん、予想以上に深い作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2015-04-26 22:07 | 外国映画 | Comments(2)

Commented by あほぅぅ子 at 2015-05-02 00:09 x
やーん、観に行きたかったこれ!
まだ間に合うかな?
Commented by まやぞー at 2015-05-07 19:53 x
ほぅ子さん、まだやってるんじゃないかな?
かなりシニカルだけど、映画好きな人にはオススメしたいです。