アメイジング・スパイダーマン<2012>

d0088211_8554198.jpg「Dr.パルナサスの鏡」「BOY・A」などを観ていいな~と思っていたアンドリュー・ガーフィールド。「ソーシャル・ネットワーク」で決定的に好きになったんですが、これほど大きな役で活躍するようになるとは、びっくりです。
この作品からは、彼の俳優人生は大きく方向転換しそうですね。今までみたいな作品にも、また出てほしいけど…

さて、トビー・マグワイヤ主演の前シリーズが終わったあと、映画・舞台監督のジュリー・テイモワ演出でブロードウェイミュージカルになったというニュースぐらいは聞いてましたけど、また新しいシリーズが始まるとは、やはりアメコミものの人気は根強いですね。
ワタシは子供のころ、なぜか日本版のスパイダーマンを先に知って、てっきり日本の漫画かと思ってましたけどね。

今回のシリーズ、蜘蛛の糸を出すのにウェブ・シューターを使うとことか、ヒロインがMJじゃなくグウェンなこととか、敵役がトカゲのリザードなこととか、、原作ファンにはなかなか嬉しい設定になっているらしい。
前シリーズが終始ダークな雰囲気だったのと比べると、今回のはちょっとマンガ的で明るいように思います。
もちろん伯父さんが死んじゃったりとか、前シリーズ同様ダークヒーローの要素はあるんだけども、3Dで観たこともあって全体的になんだか楽しかったです。
スパイダーマンになりたてのとき、着替えやケイタイやらを入れたリュックをしょったまま活動してたのもツボでした。確かに変身後は荷物どうしてんだろうっていうね。
d0088211_855435.jpg

アンドリューがパーカーのフードをかぶって歩くと、どうしても「BOY・A」を思い出してせつなくなります。
d0088211_8562868.jpg

で、この共演をきっかけにこの2人はつきあってるらしい。さいでっかー。

3Dで映画を観たの久しぶりだったんですが、初めて自分のメガネに取り付けるタイプのメガネで観てみました。以前のゴーグルみたいなごっついメガネに比べたら、断然ラクになって良かったです。ストーリーがマンガちっくなこともあり、あんまり深く考えず楽しむってことに重点を置いて、3Dで観るのもオススメですね。
[PR]

by hobomovie | 2012-08-05 09:02 | 外国映画 | Comments(0)