ダークシャドウ<2012>

d0088211_11533573.jpg
ティム・バートン×ジョニー・デップによる8作目です。
数々の奇想天外な世界をみせてきた2人なので、少々のことではもう評価されないのか、前評判はイマイチでしたね。
でも、これだけオモシロ作品を送り出してきたらハードルもあがるというものでしょう。ワタシが観なくて誰が観る!と勝手な義務感で行ってまいりました。

ジョニー・デップ演じるヴァンパイヤが、200年の時を越えて子孫が暮らす洋館に現れ、因縁の魔女と死闘をくりひろげるというビジュアルやストーリーは既視感ありありで、それが評判につながっちゃったのかな~という気はします。
でもワタシはこのティム・バートン節が大好きなので、楽しめました。

時代設定が70年代で、当時の音楽満載なのも良かった。T-REX、カーペンターズなどがバックにずっと流れていて、アリス・クーパーに至っては本人出演というすごい展開でした。

あとは、「キック・アス」のヒットガール以来でクロエ・グレース・モレッツを観て、あら大きくなって~♪とうれしかったです。
「モールス」「ヒューゴ博士の不思議な発明」「(500)日のサマー」なんかに出ていたんですね、全部逃しちゃってるなぁ~。
d0088211_1155822.jpg

[PR]

by hobomovie | 2012-07-07 11:55 | 外国映画 | Comments(0)