ベスト・キッド<2010>

d0088211_9315884.jpgベスト・キッド

職場で試写会の券をもらって、久しぶりに公開前の映画を観ました♪

1984年の「ベスト・キッド」は子供の頃何度もテレビで見たもんです。アメリカの80年代って映画も音楽もポップでキャッチ~な感じが結構好き。

ワタシ的にはサクセスストーリーも好きなジャンルでして、実話に基づいた感動作ってのはもちろんいいんですけど、若干「ありえね~」という要素を含むファンタジックな作品がいいですね。
弱かったコ(チーム)が強くなるとか、ダメダメなコが頑張って成功をつかむとか。「メジャーリーグ」「少林サッカー」「プリティリーグ」なんかはもちろん、「プラダを着た悪魔」「ワーキングガール」とかも。
ともかく、その代表格が新旧ともに、この作品です。

転校生の主人公がいじめに逢い、近所のおっさんに武術を習って強くなるという大筋は同じなんですが、今回の作品では主人公とその母親がアメリカから中国に移住するところから始まるので、前作とは大きく異なる雰囲気でした。
しかも「アメリカ人が思うところの中国」というありがちなセット撮影ではなく、ちゃんとロケをして中国の空気がすごく出ていて良かったと思います。万里の長城でトレーニングはやりすぎでは?とちょっと思いましたが、いかにも!な、完璧な画ができあがってましたね。

そしてなんと言っても、武術を習う近所のおっさんがジャッキー・チェンというのが最大のみどころでしょう。塀にペンキを塗ったり車にワックスをかけたり、という前作おなじみのトレーニングシーンが今回どんな風になっているか楽しみでしたが、期待を裏切らない内容でした。クライマックスの大会シーンも前作と同じ展開なんですが、必殺技そうきたか!という感じです。
すかっとする、夏休み向けの作品でした。

ところでジャッキーが教えるのはカンフーなんですが、原題「Karate Kid」の立場はいったい…アメリカ人にしたら空手もカンフーもいっしょくたか…
[PR]

by hobomovie | 2010-08-07 09:35 | 外国映画 | Comments(0)