ポーランドへいってきました

そんなこんなで飛行機に乗って向かったのは、ポーランドのクラクフという街です。
日本でいうと京都のような、古い建物やお城が残る美しい街でした。

d0088211_22354499.jpg

到着翌日には、今回の旅の目的だったオフィシエンチムへ。
ドイツ語で言うとアウシュヴィッツです。
今回はこのガイドツアー付きの旅行を申し込んだので、
日本語のできるポーランド人ガイドさんが迎えに来てくれました。
車で約1時間、道中の景色もなにもかも珍しい、初めてのポーランド。

子供の頃「私のアンネフランク」や「悲劇の少女アンネ」を読んで、
その後歴史で習ったりナチスドイツものの映画をたくさんみたりして、
いつか自分の目でその地をみてみたいと思っておったのです。
旅には文庫で買いなおした本を持って行きました。
オランダのスキポール空港で記念撮影。

d0088211_22392371.jpg

アウシュヴィッツの強制収容所跡は博物館になっていて、
敷地内の建物や様々な物品が保存されています。
もともとはポーランド軍の施設だったそうで、
レンガ造りの重厚な建物がたくさん並んでいます。

d0088211_23100905.jpg
博物館のガイド1人につき15人ほどのゲストがついて周ります。
気候がいい頃は30人くらいになるらしく、そうなると展示も見にくくなるそうで。
1月に行った甲斐がありました。
ワタシには日本語ガイドさんがついていてくれるので、横で日本語に訳してもらいつつ見学。

d0088211_22445917.jpg

収容所のなりたちから、収容された人々に関する説明を聞きながら建物を次から次へと移動。
収容された人たちの遺品の数々。髪の毛で布を作っていたなんて、この目で見ても信じられない。
返してもらえることのなかった、持ち主の名前が書かれたトランク。
ほとんどが撮影可能だったんですが、遺品は生々しすぎてどうしても撮ることができず。

d0088211_22475530.jpg

たくさんの写真には胸がつまりました。
収容されてから、亡くなるまでの期間の短さ。
男性かと見間違うほど、短く髪を切られた女性たち。これだけは頑張って写真を撮りました。

d0088211_22462844.jpg

銃殺刑が行われた「死の壁」に黙とうをして、最後にはガス室へ。

d0088211_23113669.jpg


ガス室は撮影が禁止されています。なんとも重苦しい空間で、さっと通り抜けるのが精いっぱいでした。
壁に残る爪の跡がつらすぎる。

1947年には収容所を博物館として保存することが決まり現在に至るわけですが、
展示がかなり古くなっていることもあり、近々リニューアルされるそうです。
それで、展示の一部も少し減っているとガイドさんに教えてもらいました。
重苦しい気分のまま、少し離れたビルケナウ収容所へ。
つづく。

[PR]

# by hobomovie | 2017-03-04 22:58 | 日々のこと | Comments(0)

ひこうきのなかで


d0088211_20483030.jpg
先日久しぶりに海外旅行へでかけまして、KLMオランダ航空の機内では、映画三昧でした。

d0088211_20493420.jpg
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
やっぱティム・バートンもエイサー君使いたくなるよねーそうだよねー。
少し大きくなりましたが、格好良さ保ってますね。
そして、これまたバートン映画の世界観にぴったりなエバ・グリーンさんも、前回の魔女役から比べるといい人ですが、まぁ「人」ではないよね、という湯老婆的な役が良かったです。
ティム・バートンは本来これくらい、いやもっと奇妙奇天烈でダークな映像とストーリーが持ち味ですよね。
ジョニデ様とかと組むと、ちょっとそこが抑えられちゃうような。
アリスとかチョコレート工場とか別にもういいねん!と思ってるバートン好きのみなさんにおすすめです。

d0088211_20500996.jpg
「君の名は」
2016年大評判だったので、ただのラブストーリーではないんだろうなーと思いつつも見逃しておりました。
飛行機で見られてラッキー。
ちなみに2016年アニメといえば「この世界の片隅に」の勝ちですけどね。
周りの人から特にRADWIMPSのファンじゃなくても、曲とアニメがすごく合ってていいよーと聞いていたとおり、これはもう感動ものですね。ファンならCDもDVDも買っちゃうね。
ストーリーについてはほぼ知らずに見たので、ええーっと驚いている間にどんどん進んで、しまいには泣けてきました…
なんで飛行機で泣いてるんだか、ワタシ…
こんな泣けるって誰か言っといてやー。
唯一の残念ポイントとしては、みつきの髪型がちょっとなー、萌え要素が強すぎて、組紐は使うにしてももっと普通なほうが良かったです。あれじゃ学校で浮きまくってもしゃーないです。

d0088211_20502189.jpg
「アベンジャーズ シビルウォー」
マーベルではスパイダーマンとアイアンマンくらいしか見てなかったので、キャプテン・アメリカさんとバッキーさんのことが少し理解できて良かったです。神の子とハルクはどこへ行ったんでしょうか?
新しいスパイディの設定もなかなか面白いですね。

d0088211_20513869.jpg
「シン・ゴジラ」
これまたワタシ的には弱いジャンルですが、2016年大評判でしたので、飛行機で見られて良かったです。(2回目)
途中うとうとしたりしてしまって、真剣味に欠けてはおりましたが、予備知識ゼロなので作り手側の思う通りの反応ができたのではないかと。
ゴジラが進化していくとことか、放射能のこととか、日本のお役所仕事とか、現実的で良かったと思います。
有名俳優が続々と出てくるので、こんなところに誰々!という楽しみがありますけど、ちょっと出しすぎじゃないでしょうか。
あと、石原さとみがなーんか鼻につくのはワタシだけでしょうかね。

これが行きの飛行機ぶんです。つづく(と思う)。




[PR]

# by hobomovie | 2017-02-06 20:58 | 日々のこと | Comments(0)

ローグ・ワン スターウォーズストーリー<2016>

d0088211_21482906.jpg
スターウォーズシリーズは子供の頃からずっと好きですけどそれほど詳しくはないもんで、去年ひさしぶりにエピソード7が公開になったから次はてっきり「8」だと思い込んでいました。
まさかの、「3.5」がやってきましたよ。

1977年に公開になった「スターウォーズ」は全部で9つあるエピソードのうちの「4」だったわけですが、そこでは帝国軍の巨大兵器デス・スターの設計図が盗み出され、それをめぐる同盟軍との戦いが描かれています。
今回の「ローグ・ワン」はその設計図がどうやって盗み出されたのか、というストーリーで、まさに「4」へつながる重要な作品でございます。
でも「エピソード」がついていないので正式なシリーズではなく、スピンオフ的なものだとかなんとか。だからといって、決してちゃちな作品ではなかったでございますよ。

設計図を盗み出すストーリー展開は想定の範囲内ではあるっちゃあるものの、デス・スターの設計者にここまで奥深い思いがあったとは!そこ重要なポイントでした。
つっこみどころもあるはあるんですけど、感動的でいいストーリーやったと思います。「4」のサブタイトル「新たなる希望」につながるところが、にくいねにくいねー。

そしてエピソード7からこっち、ちらっと見たことはあるけどそんなに有名じゃない俳優さんがそろってて新鮮です。
アジア映画界ではドニー・イェンはスターですけどもね。みんなすごく魅力的なキャラクターを演じてました。
新しいロボットキャラクターK-2SOも良かったですね。ビジュアルはやや浦沢直樹感がありましたけどね。
そしてそして、「4」にいちばん近い時期をえがいているだけあって、おなじみのキャラクターやアイテムがそこかしこに!という楽しさがありました。
ダースベイダーやR2-D2・C3POが出てくるのは当然として、レイア姫の育ての父ちゃん出てたよね?ターキン提督やレイア姫にいたっては、もういちどじっくり見たいですね。宇宙戦争や惑星の映像もすごかったけど、なによりそこでCGってすごいよなーと思いました。

[PR]

# by hobomovie | 2017-01-08 21:50 | 外国映画 | Comments(0)

この世界の片隅に<2016>

d0088211_20585889.jpg
「夕凪の街 桜の国」というマンガを初めて読んで以来、こうの史代はずっとワタシの中の好きな漫画家リストに並んでおりました。
この作品も「夕凪~」と同じく太平洋戦争中の広島を描いてますが、舞台が呉なことと、上・中・下からなる少し長めな話しなことからちょっとおもむきが違っております。原作は、広島から呉へお嫁に行ったすずさんの、戦時中で大変なことが色々ありがらも明るく暮らす様子が淡々と描かれています。
もちろん戦争の行く末は誰もが知っているわけですが、広島に原爆が落とされる前は、海軍基地のあった呉の方が大変な空襲があったというのはこの作品で初めて知りました。
悲しい結末が待っている予感はしつつも、すずさんの日常を描いているところが大好きだし、ちょっとファンタジックな部分もあったりして、果たしてこれがアニメ映画になるというのはどうなのか少々不安に思いつつ劇場へ。

結果、原作ファンのワタシも大満足、席からしばらく立ち上がれないほどの感動でございました。
いやもーね、タオル持って行った方がいいですよみなさん。
企画の始動から6年、クラウドファウンディングで資金を集め、原作の雰囲気を残しつつ、映像ならではの演出がすごく良くて、主演の能年玲奈あらためのんを始めとした声優陣、コトリンゴの絶妙な音楽と、すべての要素が作品を高みへと押し上げてましたね。
数年前にドラマ化されたりもしてましたけど、それよりも断然良かったっす。
今年アニメと言えば「君の名は」でしたけど(まだ観てませんけど)、全然違う作風だけど、なんとか多くの人にこっちも観てもらいたいものですなー。
d0088211_20593894.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2016-12-04 21:04 | 日本映画 | Comments(4)

ハドソン川の奇跡<2016>

d0088211_21225037.jpg
ハズさない男、トム・ハンクス。
最近は船長とか弁護士とか世界的アニメクリエーターとか実在の人物ばかり演じてらっしゃるようですが、今回はまたしても実在の人物。
しかも、旅客機が真冬のハドソン川に不時着した事件と言えば世界中誰でもああ、あの!となるサレンバーガー機長が今回の役どころです。
しかもしかも、監督は毎年名作を送り出しているクリント・イーストウッドときた。これは観ないわけにはいきませんな。

2009年1月15日ニューヨークのラガーディア空港を飛び立った飛行機は、マンハッタン上空で鳥の群れが衝突し両エンジンが故障してしまう。
離陸した空港やその他の空港へ向かうことは無理だと判断した機長は、ハドソン川へ不時着することを選び、乗客乗員155人のうち1人の死者も出なかった。
物語は事件の後、飛行機がマンハッタンへ墜落する幻覚を見たり、英雄視されたりしてつらい思いをしているところから始まります。

とにかくていねいに描かれている作品で、主役のサリー機長はもちろん、彼の家族や副操縦士のジェフ、事故の様子や国家運輸安全委員会による調査などなど、全てがきっちりしてました。
事故当時は日本でも大きく報じられてましたけども、まさかそのあとこんな追及を受けていたとは、全然知らなくて驚きました。結末を知らないので、最後までどうなるんだか気の抜けない展開でした。

とりあえずこの事故そのものが嘘のような本当の話しだもんで、それ以上驚きの展開も無いわけですが、これが実話のパワーですな。しみじみいい作品だったなぁと思う映画でした。

[PR]

# by hobomovie | 2016-11-03 21:24 | 外国映画 | Comments(0)

ペット<2016>

d0088211_21414652.jpg

自分たちが留守にしてる間ペットはどうしてるのかなーというのは、動物を飼ってる人なら誰でも気になるところ。それをテーマに、面白おかしいアニメがやってきましたよ。
動物好きのワタシとしては予告編をみて気になってましたし、同時上映が「ミニオンズ アルバイト大作戦」ってことで、小学生の姪っ子と一緒にうきうきと出掛けてきました。
ミニオンでおなじみの、イルミネーションのアニメです。

とにかく全編動物たちがかわいくて、もーキュンキュンものでございました。
CGアニメで毛並みとかもリアルですしねー。
終わったあとは、姪っ子とどのコを飼いたい?なんて盛り上がりました。

吹き替えもバナナマンを筆頭にみんな良かったです。

え、ストーリー?えーとえーとですね、人間の知らないところで動物たちがコミュニケーションをとってる世界のおはなし。主人公の犬のマックスのおうちに新しい犬デュークがやってきて、反発する2匹。ところがトラブルに巻き込まれて協力し合ううちに仲良くなる2匹。マックス達のため、団結して助けに向かう友達のペット達。あれ?こんなお話なんか知ってるー!まんまトイストーリーやないかーい!!という展開でしたが、かわいかったから許す。
続編も決まったそうで、楽しみですね。

原題は「The Secret Life of Pets」 ペットたちの秘密の暮らしってとこでしょうか。今回は珍しく、端的に「ペット」で良かったかも。ピクサーアニメとかだと、原題があまりにシンプルでびっくりすることが多いですが、いつもの逆パターンですな。
d0088211_21421372.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2016-10-02 21:43 | 外国映画 | Comments(0)

シング・ストリート 未来へのうた<2016>

d0088211_22285489.jpg

トホホなサブタイトルはとりあえず置いといて、ミュージシャン監督、ジョン・カーニーによる音楽大好き映画がまたやってきたということでウキウキと観に行ってきました。

前作「はじまりのうた」がアルバム作ろうぜだったのに対し、今回は完全にバンドやろうぜな作品でした。
舞台は80年代アイルランドのダブリン。
親の経済事情で公立の男子校に転校することになったコナー少年。
先生は怖いわいじめっこには目をつけられるわ最悪な状態の中、学校の門の前にいつもいる美女・ラフィーナの気をひくためにバンドを始めるというストーリー。

コナーを含めバンドメンバーを演じた少年たちはほぼアイルランド出身、長編映画は初めてといった新人たちでしたが、みんなすごく良かった。
特にバンマス的な存在となるギタリストのエイモンを演じてた子は、コリー・フェルドマンを彷彿とさせる雰囲気があってお気に入りでした。

バンドで演奏する映画オリジナル曲もいい曲ばかりだったんですが、ちょいちょい登場する80年代の曲もまた良くて、またしてもサントラを買ってしまいました。
前作もそうだったけど、エンディングがどうこうじゃなく、そこに至るまでの過程がいちばん面白いという。
アタリの映画でしたね。

パンフレットはLP版サイズになってます。オシャレ~♪
[PR]

# by hobomovie | 2016-09-11 22:28 | 外国映画 | Comments(0)

アイアムアヒーロー<2016>

d0088211_22194968.jpg

子どもの頃テレビでうっかり見てしまったドラキュラものの映画のせいで怖い映画はずっと苦手でした。今でもその怖かったシーンが思い出せるほどのトラウマでございます。
その後大学生の時「リング」をうっかりテレビで見てしまったときは、なんでこんなん見てしまったんやーと数日間後悔したものでしたが、それと同時に怖いけどちゃんとストーリーが面白い映画ってあるんだと知ったわけです。
子どもの頃嫌いだった食べ物が、大人になってそのおいしさに気づく的な感じでしょうか。
それと大人になると、世の中そうそう怖いことは起こらないってことがなんとなくわかってくるってのもありますよね。子どもの頃ってなにもかもが未知の世界だし、小さくて弱いから、やみくもに色んなことが怖かったですよなー。

そんなこんなでゾンビ映画では「ドーンオブザデッド」や「ワールドウォーZ」なんかの経験を積みまして、今回の和製ゾンビ映画でございます。
主演が大泉洋ってことと、予告編の「全く新しいゾンビ映画!あなたはこのスピードについて来られるか!!」みたいな宣伝文句にも乗っかってしまいました。

大泉洋演じる鈴木英雄はうだつのあがらない漫画家で彼女ともケンカばかりという毎日だけど、何故か趣味がクレー射撃で猟銃を所有する資格を持っているという、コレが大きなポイントでございますね。
インフルエンザみたいな病気をきっかけに、日本中でどんどんゾンビが増えていく中、いの一番にやられてしまいそうな男がなんとか生き延び続けられたのは、この猟銃のおかげなのであります。
d0088211_22245294.jpg

最終的に人間がたてこもっているアウトレットモールへたどり着き、そこでは独裁的なリーダーを中心にコミュニティができていて、ゾンビの生態とかも徐々にわかってきて…と、全然新感覚じゃないじゃん!ゾンビ映画の王道じゃん!という流れの作品でございました。
ふつーにゾンビ映画としては面白かったですけど、ちょっと予告編にだまされた感はありますね。
スピーディーさやゾンビの数の多さでいうと「ワールドウォー」もすごかったしねぇ。

現代の日本でもしこんなことがあったらというリアルさと、ゾンビの情報がネットで氾濫して「ZQN(ゾキュン)」と名付けられること、英雄が出会った女子高生・比呂美(有村架純)は赤ちゃんのZQNに襲われたためか半分人間のまま止まっていること、なんかが注目ポイントでしょうか。続編もありそうな感じです。
大泉洋ファンとしては見どころも多かったですけど、どっちかっていうと「駆け込み女と駆け出し男」の方をみなあかんかったかなーという反省。
d0088211_2221312.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2016-07-31 22:26 | 日本映画 | Comments(0)

少女椿<2016>

d0088211_21344766.jpg

ワタシが大好きなミュージシャン、チャラン・ポ・ランタンが主題歌を担当するってんで大注目だったこの作品。
原作はエログロ漫画の代表作家・丸尾末広が1984年に発表したものですが、あまりにえげつないので今では改訂版しか入手できないとかなんとか。

ストーリーは、薄幸の少女・みどりちゃんが両親を失い、サーカス団に入り、なんだかんだ虐げられまくっていたら奇術師に見初められ、自分の生きる道をみつけるというもの。
ほぼ原作通りの展開でしたが、ラストはこんなんだっけな?という感じでした。

パンフレットがなかったので劇場で売っていたガイドブックを買ったのですが、それによると原作では昭和初期が舞台のところを、戦争が無いまま昭和が続いているパラレルワールドの日本という設定にしているそうで、それはちょっと面白いなと思いました。
原作者と監督が対談でも話していたけど、太平洋戦争前の日本ってセピア色の風景にえがかれがちだけど、意外と極彩色で華やかな部分もあったんじゃないかなぁと思うわけです。

奇術師役でジャニーズの風間俊介くんが出ていたせいか若い女子が多い客席でしたが(みどりちゃん柄のバッグを持った筋金入りの方もいらっしゃいました)、めくるめくエログロな世界に、どひゃ~ってなっちゃわなかったか心配いたしました。

チャラン・ポ・ランタンの主題歌はまさに少女椿と言う曲調と歌詞でばっちりなのですが、劇中に同じく2人組の女性ミュージシャン・黒色すみれが登場していたのもチャランポだったら良かったのに~ぃと少し残念でございました。

[PR]

# by hobomovie | 2016-06-11 21:35 | 日本映画 | Comments(0)

踊るアイラブユー♪<2015>

d0088211_2232767.jpg

いやねぇ、タイトルがいまいちだと思うんですよ。
南イタリアのリゾート地を舞台にしたゴキゲンなミュージカル映画で、ゴキゲンな感じを演出したかったのはわかるんですけどー。
原題の「Walking on Sunshine」まんまの方がよっぽど良くないですか。「はじまりのうた」とか「サンシャイン 歌声が響く街」とか、女性客を取り込みたいんだかなんだか知らないけど、センスがちょっとねぇ、という邦題が多い今日この頃ですな。
それぞれ作品が良かっただけに余計にそう思います。音楽映画、ミュージカル映画をバカにすんない!!って、配給会社がつけてんでしょうけどね…

さて、原題からカトリーナ・&ザウェイブスの曲が思い浮かぶ人は、十分にこの映画を楽しめる可能性があるでしょう。他にもマドンナやワムや、80年代の名曲が数々登場する、とにかくゴキゲンなミュージカルでございます。
オリジナルではなく、すでにある曲を使うミュージカルをジュークボックス・ミュージカルというそうですが、「ムーラン・ルージュ」あたりがその最初だったんじゃないでしょうかねぇ。ワタシはオリジナルのミュージカルも、こういう感じなのもどっちも好きです。

ストーリーは、南イタリアのプーリアに転居した奔放な姉・マディを訪ねた妹のテイラー。かつてひと夏の恋をともにしたイケメン・ラフがそのことを知らない姉と結婚することになっていて…という三角関係ラブストーリー。
ストーリー自体には目新しさはないものの、プーリアというロケーションが最高でございましたな。
主役の姉妹が「シカゴ」のレニー・ゼルヴィガーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズを彷彿とさせる雰囲気で良かったけど、まっったく知らない女優さんでした。
曲がメジャーな分、キャストがマイナーな感じ?友達役のミュージシャン、レオナ・ルイスくらいしかマジ知りませんでしたとも。
でも、みんな良かったし、なにより名曲ぞろいだし、なかなか楽しい作品でした。つくづくタイトルがねぇ…しつこい?
[PR]

# by hobomovie | 2016-05-14 22:27 | 外国映画 | Comments(0)